抹茶風味の甘栗パウンドケーキ


抹茶風味の甘栗パウンドケーキ

材料 【7×17×高さ7.6cmのパウンドケーキ型1台分】
薄力粉 120グラム
ベーキングパウダー 小さじ1/2
加藤園の粉末緑茶 小さじ2
グラニュー糖 100グラム
バター(食塩不使用)100グラム
卵 2個
谷岡の甘栗 お好きな量でどうぞ!
ちなみに栗っ娘は、200グラム(殻付き ※2台分なので、1台分ですと100グラムです)入れました

準備

1.バターと卵を室温に戻す
バターと卵は1時間から~30分前に冷蔵庫から出しておいて下さい。
バターと卵は常温に戻しておく事がPOINTです。
バターは、スプーンで軽く押して跡が付く位まで柔らかくすると扱いやすいですよ。
2.パウンドケーキ型にバターを塗って、オーブンシートを敷く
パウンドケーキ型に合わせて、オーブンシートをカットします。
オーブンシートは、バターを薄く塗ってパウンドケーキ型に貼り付けて下さい。
3.卵を卵黄と卵白に分けておく
栗っ娘は、2台の分量で作ったので卵が4つです。
卵黄と卵白で分けて作業した方が、分離しにくうなるので失敗しないですよ!
4.薄力粉とベーキングパウダーと粉末緑茶を合わせてふるう
ふるって空気をたくさん含ませます。 ふるいにかけると、ダマがなくなるのでダマダマ感もなくなりますよ!
5.谷岡の甘栗を剥き、適当な大きさに切る
小母さんに剥いてもらいました~
栗がたっくさん入ってた方が美味しいですよ!! 好きな分量入れちゃって下さい。そのまま入れてもOKですが、栗っ娘は半分に切って入れました。
6.オーブンに予熱を入れておく

作り方

1.バターをねり、グラニュー糖と卵をまぜます
柔らかくなったバターとグラニュー糖をハンドミキサーで混ぜます。
グラニュー糖は、2~3回に分けて入れた方がしっかりと空気が入ってふんわりとした食感になります。
栗っ娘は、1回で入れてしまいましたが・・・
ここで!白っぽくなるまでよ~~く混ぜて空気を含ませることがPOINTです!!
2.卵黄を1個づつ入れてその都度混ぜます
卵などの液体類は分離しやすいです
なので、少量入れてよく混ぜて下さい
一度に入れてしまうと分離の原因になるので注意です!卵黄とバターがクリーム状になるまでしっかりと混ぜて下さい
3.卵白を3~4回に分けて加える
少し加えたら、よく混ぜて下さい
それを3~4回に分けて行います
4.粉を半分ふるい入れる
ふるいにかけておいた粉を更にふるいながら入れます。
粉は、入れた数分だけ(今回は、薄力粉&ベーキングパウダー&粉末緑茶なので3回)ふるうのがBESTです!
・・・栗っ娘は、ズルして2回でしたが。
5.切り混ぜをします
ゴムベラは、Jの字を描くように動かします。
この時、練るように混ぜないで切るように混ぜて下さい。
練りまぜは、空気が抜けてしまい、ベタベタした仕上がりになります。
ボウルは、時計回りとは反対側に回して下さい。
ゴムべらを動かしながら、ボウルを動かすことで手早く混ざります。
ここでしっかりと混ぜなくてもOKです
6.粉を全部入れる
残りの粉をふるい入れて、粉なっぽさがなくなるまで切り混ぜします。
7.谷岡の甘栗を入れて混ぜる
潰さないように混ぜましょう!
8.生地の完成です
栗が見えなくなりました!!
9.型に流し入れます
表面を滑らかに整えます。
ゴムべらを使うと綺麗に整いますよ!!
真ん中は膨らむので、中央は凹ませましょう。
10.空気を抜きます。
机にタオルを置き、10センチほどの高さから軽く落とします。
余分な空気が抜けて、生地中の空洞がなくなります。
11.オーブンで焼きます
焼き時間は、170度で40分です。
オーブンの機種により、多少時間は変わりますので、調整して下さい。
12.竹串を刺して焼き具合を確認
竹串に何も付いてこなければOKです。
生の生地が付いてきたら、もう少し焼いて下さい。
13.完成です!
こんがりとイイ色に焼けちゃいました~!!!
ポイントは、バターと卵を分離させないことです!ホント、簡単にできるので皆さんも是非チャレンジしてみてくださいね♪栗っ娘でしたぁ~(*^_^*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です